先生

豊胸は専門のクリニックで行ないましょう~プチ豊胸で悩み解消~

手術の種類

バスト

女性の悩みと手術方法

豊胸というのは、どのような手術か知らない人はいないでしょう。一言で言えば胸を大きくするための整形手術のことです。しかしながら、手術の方法は3種類もあります。ただ大きくするのが胸の解決になるとは限らないのです。胸を大きくしたいと思うのは、胸が小さいからだけではありません。たとえば、右の胸が大きくて左の胸が小さいという場合もあります。また、胸の形にこだわりをもっている人もいます。このように、女性は胸がただ小さいから大きくしたいと思って豊胸手術を受けるのではないのです。手術の方法は、脂肪吸引法がもっとも人気のある手術です。それに次いで、バックプロテーゼ挿入法やヒアルロン酸注入法といった豊胸手術があります。

ヒアルロン酸と脂肪注入

豊胸手術の中で最も人気のある脂肪注入法は、その名が示すとおり、脂肪を胸に注入するのです。もちろん、自分自身の脂肪を使うわけですが、たいていは下半身の脂肪を使います。非常に持続性が高いのですが、やはりメンテナンスが必要です。それというのも、自身の脂肪なので、時間が経過すると身体の中に吸収されてしまうのです。しかしながら、そうはいっても数年は持続しますので、有用性は高いです。また、ヒアルロン酸注入法の場合は、脂肪ではなくヒアルロン酸を胸に注入します。そうして大きなふくらみを胸に与えるのです。ただし、ヒアルロン酸は体内に吸収されるので永続性はありません。これは脂肪注入法よりも持続性が短く2年でメンテナンスが必要になります。