先生

豊胸は専門のクリニックで行ないましょう~プチ豊胸で悩み解消~

下がるバストを引き上げる

胸

影響力のある胸の重さ

妊娠中と産後では女性のバストにも変化が現れており、妊娠中に大きくなるバストは、その重みを筋肉が支えきれず、産後にバストがたるむ・しぼむなどの悩みが出てきてしまいます。バストアップするためにも、通常では美容整形術によってパック挿入や脂肪注入などが展開できるものの、授乳期となる女性の場合、身体に負担を掛けられないため、バストアップできるマッサージによって、美しいバストをキープさせることは可能です。また一般的に、貧乳を理由にバストアップさせる場合、整形術によって豊胸が可能となりますが、知っておきたい内容として、挿入する内容物には重さがあるため、その分がバストに加わります。結果、筋肉が支えきれずにたるみやすくなるため、整形術においても筋肉を刺激するマッサージは必要なケアと言えます。知っておきたいのが、乳腺や脂肪を支えているクーパー靭帯にアプローチできるマッサージであり、滑りを良くするクリームも乳腺を刺激したり、女性ホルモンに働きかける有効成分を配合しているものを用いることも必要と言われています。

バストに関わる靭帯の特徴

バストアップに必要なのがクーパー靭帯で、乳腺や脂肪を支えているコラーゲン腺維であり、筋とは異なるのが特徴です。伸び縮みができないのが靭帯ですが、クーパー靭帯は伸びたり切れることもあり、バストが垂れるなど、多くの女性の悩みとなるバスト崩れの原因に繋がってしまいます。整形術によってバストアップさせる女性も急増しているものの、クーパー靭帯はバスト自体の重みが負担となるケースもあるため、大きくし過ぎる整形術には気を付け、対策も必要です。また、筋肉が衰えることも要因となるため、皮膚が下がらないための対策も必須で、美しさをキープする目的や、皮膚が重力や重さで下がらない目的も兼ねて、矯正力の高いブラジャーが展開されているのも特徴的な内容です。下着メーカーと美容整形に特化した医療チームがタックを組んでいるのが最大の特徴で、バストアップ可能な機能性ブラジャーを提案することで、外科手術に難色を示す女性たちから評価されています。